招待状の必要性

愛の確認

結婚式を行う際には招待状を出す事で参加人数を把握する事や参加する方の席次表を作成する場合に活用する事が出来ます。

参加する人数を知っておく事で式当日の用意しなければいけない料理の数や引き出物の数を手配する事が出来るので多めに用意した場合と比べると費用を抑える事が出来ます。

また、個性を出すためやゲストの思い出に残るようにと手作りの招待状を送ったりと、送る側だけではなく、受け取り側も楽しむ事が出来るようになっている物が人気となっています。

席次表とは
席次表とは、結婚式での席順が記載してある用紙のことであり、受付時に受け取ることができます。上座や来賓順により席が異なり、1つのテーブルの席数も違う場合がありますので、事前に自分の席を確認することが必要です。

席次は招待状にて出欠の確認が済み次第新郎・新婦によって決められ、その決定に従って式場にて席次表が作成されます。現在ではコストダウンの目的や、個性を出す為に式場に依頼せず自身で作成する場合も増加していますが、この場合席順に不備がないか確認をすることが重要となります。

結婚式における席次表の作り方
結婚式における席次表は、まず新郎新婦の正面からみて右側に新婦関係者席、左側に新郎関係者席を配席します。

次に新郎新婦の席に最も近い最前列の中央部が主賓席になります。

その後前方のテーブルから順に来賓、恩師や上司、友人を配席し、後方に親族が座ります。特に友人や同僚は男女比や顔見知り度合いなどを考慮して会話がしやすいよう、家族連れの場合は子供が親の間にくるようにします。

最後に両親は父、母の順に末席に座ります。

席次表の利便性
席次表は、参加者の座る席の位置を定めて示した案内表のことで、結婚披露宴などで用意されることが多いです。結婚式では披露宴会場の受付で一番最初に受け取るもので、席によって新郎新婦との関係を示すものでもあるので、初対面の方との話のきっかけになります。新郎新婦に最も近い席が上座となり、上座から主賓、上司、恩師、先輩、友人、親族、両親の並びが一般的です。

多くの人目に触れるものですので、作成の際には氏名の漢字や肩書に間違いがないよう確認が必要です。また、招待状の返信が届き、出欠が完全に確定した後に作成するものです。

結婚式のペーパーアイテム

ドレス

結婚式を行うに当たり、招待状や席次表や名札やメニュー表などのペーパーアイテムが必要になります。いずれも結婚式場で作成のお願いができますが、最近は費用の削減やおもてなしの意味も込めて自分達で作成をし、持ち込む形が人気です。

作り方はパソコンで作れるテンプレートサイトがあるので、比較的に簡単に作れます。市販のペーパーアイテム作成キットにもテンプレートサービスがあります。

ただし、自分で作成する場合は招待客の名前の文字を間違えないように注意が必要です。

結婚式で席次表作成するためのウェディングプランナーの活用法
結婚式という人生における一大イベントの時は、できるだけ多くの人に祝福してもらいたいという方も多いでしょう。

誰を招待したらいいかを決めるところから始まって、招待客が決まったら招待状を作成します。

その後は、招待客の席次表を作成するといった流れになります。

自分一人でやるには、とても難しいことなので、結婚式場のウエディングプランナーの人にアドバイスをもらいながら作成すれば、円滑に進めることができるでしょう。

結婚式の招待状を受け取ったら
招待状とは、結婚式を挙げる日取りが決まったら、招待するゲストに対して送るものです。自分達で手作りする場合と、式場などで依頼して作ってもらう場合があります。中には出欠席の有無を書く返信用ハガキと、日程と場所、時間などが書かれた手紙が入っています。

ゲストからの返信ハガキが来ることにより席次表の作成を行うことができます。そのためゲストは、期日までに出欠席の有無をハガキに書いて出すのがマナーとなっています。

結婚式の招待状の注意点
招待状の宛名先の名前の書き方には十分注意が必要です。

横書きで例を上げれば、2・3人程度の家族であれば旦那のフルネームを書き、その名前の下に妻、子の順番にしっかり書き、4・5人の場合は入りきならない場合があるので旦那のフルネームを書いた下に家族御一行様、と書くのが失礼もなく相手もわかりやすい書き方となります。

そして、忘れてはいけないのが参加の有無を確かめる手紙を切手をつけた状態で同封することです。これを同封することによって席次表が作りやすくなります。ただし、切手を貼り忘れることで相手に切手分のお金を負担させることになってしまうので、貼り忘れのないよう十分注意することです。